産経ニュース

台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る

来日し、インタビューに応じる台湾のロックバンド「滅火器(Fire EX.)」。左から陳敬元さん(ベース)、楊大正さん(ボーカル)、鄭宇辰さん(ベース)、呉迪さん(ドラム)=11月中旬、東京都江東区(長谷川周人撮影) 来日し、インタビューに応じる台湾のロックバンド「滅火器(Fire EX.)」。左から陳敬元さん(ベース)、楊大正さん(ボーカル)、鄭宇辰さん(ベース)、呉迪さん(ドラム)=11月中旬、東京都江東区(長谷川周人撮影)

鄭 「台湾のことを知ってもらうにも、音楽が一番早いやり方だと思う」

--多くの楽曲を台湾語で歌っている。日本では中国語を学ぶ人は多いが台湾語は正直、少ない。日本デビューにあたって言葉の壁にならないか心配することはなかったか

呉 「台湾語は台湾南部では国語(中国語)よりも普通に話されている。台湾語はとても美しい言語で、メロディーにすることも国語より適している。セカンドアルバムから多くの楽曲を台湾語でつくるようになったが、歌詞を国語にするかどうかは、その曲が国語に合っている、もしくは同じニュアンスの言葉が見つかれば変えてもいいかもしれない。日本語にするかどうかも同じで、メロディーに合う歌詞を書いてくれる人が見つかればそれもいいと思う」

--台湾のアーティストや俳優では、市場規模の大きさや言語が共通していることなどから中国で活躍する人も少なくない。そのため政治的な発言や活動などには慎重になっていることもあるようにうかがえる。最近では今年1月、台湾総統選挙の投票日前日、韓国のアイドルグループで活動する台湾出身の女性が、ミュージックビデオの中で中華民国の国旗を振ったことを中国から「台湾独立分子」と批判されて謝罪する映像が流れた。映像は台湾で繰り返し放映され、翌日の投票行動にも影響したとされている。一方で、「滅火器(Fire EX.)」の楽曲は社会性、政治性を隠さない

続きを読む

このニュースの写真

  • 台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る
  • 台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る
  • 台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る
  • 台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る

関連ニュース

ガールズバンドDrop’s「Donut」 「生活のつぶやきを歌に」

「エンタメ」のランキング