産経ニュース

台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る

来日し、インタビューに応じる台湾のロックバンド「滅火器(Fire EX.)」。左から陳敬元さん(ベース)、楊大正さん(ボーカル)、鄭宇辰さん(ベース)、呉迪さん(ドラム)=11月中旬、東京都江東区(長谷川周人撮影) 来日し、インタビューに応じる台湾のロックバンド「滅火器(Fire EX.)」。左から陳敬元さん(ベース)、楊大正さん(ボーカル)、鄭宇辰さん(ベース)、呉迪さん(ドラム)=11月中旬、東京都江東区(長谷川周人撮影)

鄭 「『ELLEGARDEN』!」

呉 「『MONOEYES』もね」

陳 「影響を受けたバンドは多すぎるよ」

--日本でのデビューアルバム「REBORN」に収録されている「Keep on Going」は、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県宮古市田老地区で撮影した。なぜ日本の被災地を選んだのか

楊 「アルバムのテーマ『REBORN』(=再生、生まれ変わり)が、大震災からの復興に共通するものがあるように感じた。僕たちは実は、このアルバムの台湾版を制作する前、バンドを続けていていいのか解散した方がいいのか悩んでいた。それはバンドを続けてきて大人の男性なった今、音楽で食べていけるのか、家族、子供ができたときに養っていけるのかどうかということなどで、僕らなりの人生の大きな転換期にさしかかっていた。結局、僕たちは全力をかけてバンドをやっていくことに決めた。それがアルバムタイトルにつながっていて、大震災から全力で復興しようとしているのが、僕たちにはとても自分たちのことのように感じた」

--被災地を実際に訪れてどのようなことを感じたか。現地の集会所で楽曲を披露した際、楊さんや鄭さんは泣き出しそうな顔をしていた

続きを読む

このニュースの写真

  • 台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る
  • 台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る
  • 台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る
  • 台湾で最も熱いロックバンドが日本デビュー! 台湾政治や日本への思いを語る

関連ニュース

ガールズバンドDrop’s「Donut」 「生活のつぶやきを歌に」

「エンタメ」のランキング