産経ニュース

アイドルに相次ぐ“殺害予告” 勘違いするファン、SNSで疑似恋愛の距離感つかめず

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


アイドルに相次ぐ“殺害予告” 勘違いするファン、SNSで疑似恋愛の距離感つかめず

桜雪もいい迷惑だっただろう 桜雪もいい迷惑だっただろう

 アイドルや声優が狙われている。東大出身でアイドルグループ「仮面女子」の桜雪(23)がネットで殺害予告を受けただけでなく、声優の水瀬いのり(20)もやはり殺害予告を受けてイベントを中止する事態に。勘違いして、暴走するファンたちはどこに行き着くのだろうか。(夕刊フジ)

 桜のケースは、実際に身辺に危害が及ぶおそれがあった。11月23日、ライブ会場で、男性スタッフに暴行したとして逮捕された23歳の男は、昨年からインターネット上で、桜に対し中傷を繰り返しており、11月21日には桜の公式ツイッターに「コロスゾボケ」と投稿していた。

 水瀬はネット上で殺害予告を書き込まれ、シングルの発売記念イベントなどの中止を発表。逮捕された19歳の台湾人の男は、自分の書き込みが無視されたように感じたため、注目を集めようと殺害予告を書き込んだと話しているという。

 アイドルや声優が、ネット上で攻撃を受けるケースが後を絶たない。

 秋葉原を拠点に活動していたアイドル、魔法少女☆りりぽむは10月、やはりネット上に、レイプ予告まで書き込まれるようになったため、活動休止に追い込まれた。

 9月には、「ラブライブ!」などで人気の声優、三森すずこ(30)に対し、「事務所に押し入って、ぶち殺す」などと自分のスマートフォンから書き込んだ専門学校生の男(22)が逮捕された。

続きを読む

このニュースの写真

  • アイドルに相次ぐ“殺害予告” 勘違いするファン、SNSで疑似恋愛の距離感つかめず
  • アイドルに相次ぐ“殺害予告” 勘違いするファン、SNSで疑似恋愛の距離感つかめず

関連ニュース

【東大卒アイドル】「仮面女子」桜雪が小池政治塾の門を叩いた “痛い”アイドルはなぜ「池上彰」を目指すのか?

「エンタメ」のランキング