産経ニュース

【流行語大賞トップ10】文春も神ってた!「ゲス不倫」が流行語大賞トップテン入り

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【流行語大賞トップ10】
文春も神ってた!「ゲス不倫」が流行語大賞トップテン入り

「ゲス不倫」からはスクープされた側ではなく、週刊文春の記者が覆面をして登壇 「ゲス不倫」からはスクープされた側ではなく、週刊文春の記者が覆面をして登壇

 1日の「ユーキャン新語・流行語大賞」は、年間大賞に輝いた「神ってる」を含む「トップテン」を発表。東京都内のホテルで開かれた表彰式に、「ゲス不倫」が選ばれた週刊文春の編集部員は「張り込みに支障が出る」と覆面姿で登壇。「(僕の)アモーレ」でサッカー日本代表、長友佑都選手(30)=インテル・ミラノ=の代理で表彰されたタレント、平愛梨(31)は結婚報道後、初めての公の場で感激の涙を流した。(サンケイスポーツ)

 数々の“文春砲”で各界の著名人を震撼(しんかん)させ、流行語の発信源となった週刊文春から「ゲス不倫」がトップテン入り。選考委員の漫画家、やくみつる氏は「不倫系で名前が挙がった方たちが、一斉に並んで出てくるシーンをどれほど夢見たことか」と笑わせたが、現れたのは覆面姿の男性一人だけだった。

 覆面は「週刊文春デジタル」の公式キャラクター、「文春(ふみはる)くん」のかぶり物で、中の人は同誌の「張り込み記者」を名乗り、「顔がばれるとまずいので。本来なら取材対象のタレントや前国会議員に出てきてほしかった」とコメント。新谷学編集長から「顔が出るので、お前が行ってこい」と命じられてきたとこぼした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 文春も神ってた!「ゲス不倫」が流行語大賞トップテン入り
  • 文春も神ってた!「ゲス不倫」が流行語大賞トップテン入り

関連ニュース

2016流行語大賞は「神ってる」 トップテンに「ゲス不倫」など

「エンタメ」のランキング