産経ニュース

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」 太川陽介&蛭子能収コンビ“卒業” テレ東社長「過酷な番組…お二人には感謝」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」 太川陽介&蛭子能収コンビ“卒業” テレ東社長「過酷な番組…お二人には感謝」

太川陽介(左)と蛭子能収(三品貴志撮影) 太川陽介(左)と蛭子能収(三品貴志撮影)

 テレビ東京の高橋雄一社長は1日の定例会見で、同局系旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」に出演している俳優の太川陽介さん(57)と漫画家の蛭子能収さん(69)が来年1月2日の放送回で“卒業”することに対し、「過酷な番組に10年近くもご出演いただき、お2人には感謝の気持ちでいっぱいです」と改めて語った。

 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は平成19年にスタート。路線バスを乗り継ぎ、3泊4日で目的地を目指すという番組で、独特のゆるい空気感や失敗するかもしれないというハラハラ感が人気を集めた。11月26日の放送回で、2人の番組降板が発表された。

 高橋社長は2人の“卒業”の理由について、「拘束時間も長く、体力勝負なので出演者にとって過酷な番組。ご本人たちも、やり切ったと思っていらっしゃる」と説明。

続きを読む

関連ニュース

テレ東社長、「モヤさま」福田典子アナの「フレッシュさと潜在力に期待」

「エンタメ」のランキング