産経ニュース

【ZOOM】攻めるEテレ「ねほりんぱほりん」「バリバラ」… 心の闇や「本音」に迫る

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ZOOM】
攻めるEテレ「ねほりんぱほりん」「バリバラ」… 心の闇や「本音」に迫る

「ねほりんぱほりん」から。ゲスト(左)の話を根掘り葉掘り尋ねる、ねほりん(声・山里亮太、中央)とぱほりん(声・YOU) 「ねほりんぱほりん」から。ゲスト(左)の話を根掘り葉掘り尋ねる、ねほりん(声・山里亮太、中央)とぱほりん(声・YOU)

 同志社女子大の影山貴彦教授(メディア論)は最近のEテレについて、「手間とこだわり、お金をかけて作られている番組が多い。視聴率が取れなければ打ち切りになる民放ではできないような試みを今、NHKが担っている部分もある。教育テレビとして守るべき部分は守った上で、『教育』と『エンターテインメント』を組み合わせる挑戦的な姿勢は評価されるべきだ」と指摘する。

 「Eテレは最近、攻め始めたのではなく、昔から攻め続けているのです」と話す熊埜御堂編集長。「『おかあさんといっしょ』など定番の番組を守る一方で、スマートフォンに夢中な若い人たちの心にも響くような番組を今後もお届けしたい」と語った。

このニュースの写真

  • 攻めるEテレ「ねほりんぱほりん」「バリバラ」… 心の闇や「本音」に迫る

関連ニュース

【ZOOM】NHK「8K番組」の実力拝見

「エンタメ」のランキング