産経ニュース

3年後のNHK大河ドラマは「五輪×宮藤官九郎」 33年ぶり近現代史 「あまちゃん」チームで

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


3年後のNHK大河ドラマは「五輪×宮藤官九郎」 33年ぶり近現代史 「あまちゃん」チームで

宮藤官九郎さん 宮藤官九郎さん

 NHKは16日、平成31年放送の大河ドラマの脚本家に宮藤官九郎さんを起用し、「五輪」をテーマにした物語を制作することを発表した。日本が1912年に初参加したストックホルム大会から、64年の東京大会までの52年間を描く。大河ドラマで近現代史を扱うのは昭和61年の「いのち」以来、33年ぶり。

 関東大震災や戦争に翻弄されながら、東京五輪実現にこぎ着けるまでのスポーツマンたちの姿を描く予定で、主人公は未定。NHKは「主人公には実在、架空の人物を含めて何人かの候補が上がっている。物語の途中で主人公がリレー(交代)する可能性もある」としている。

 宮藤さんがNHKでドラマ脚本を務めるのは連続テレビ小説「あまちゃん」以来。同作にも携わった訓覇圭チーフ・プロデューサーと井上剛チーフ・ディレクターが、大河でも制作統括と演出をそれぞれ担当する。

 宮藤さんのコメントは次の通り。

続きを読む

関連ニュース

【大河ドラマ】再来年の大河「西郷どん」 西郷隆盛役に鈴木亮平さん

「エンタメ」のランキング