産経ニュース

東の木嶋佳苗被告、西の上田美由紀被告…「追跡!平成オンナの大事件」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


東の木嶋佳苗被告、西の上田美由紀被告…「追跡!平成オンナの大事件」

2人の子どもとプリクラに写る下村早苗受刑者(フジテレビ提供) 2人の子どもとプリクラに写る下村早苗受刑者(フジテレビ提供)

 平成に入って日本中を震撼させたオンナの事件簿。これまで明らかにされることのなかった彼女たちの素顔に新証言とドラマで迫る金曜プレミアム「追跡!平成オンナの大事件」が4日午後9時から放送される。

フジテレビ情報番組開発センターの張江泰之チーフプロデューサー(CP)は「番組で取り上げる4つの事件のうち、特に2件については最高裁の結審前だが、あえて公益性という観点から扱うことを決め、慎重に取材を進めてきた」と前置きする。

Case1は「首都圏連続不審死事件」の木嶋佳苗被告(当時34歳)。インターネットで知り合った男性たちから1億円以上の金を受け取り、その男性たちが不審な死を遂げていく。練炭を燃焼させ、男性たちを殺害したとして逮捕された木嶋被告。3件の殺人、3件の詐欺、3件の詐欺未遂、1件の窃盗の罪で起訴され、3件の殺人については無罪を主張、詐欺については一部を認め、窃盗は否認している。一審で死刑判決、控訴は棄却され、現在は最高裁に上告中だ。

「木嶋被告はどんな少女時代を北海道・別海町で過ごしていたのか。東京で“吉川桜”という名前を使い、なぜ嘘をついてまで男たちと付き合っていたのか。北海道から東京まで徹底取材した」と張江CP。そこから浮き彫りになったのは意外な素顔だという。俳優の冨家規政らが出演し、100日裁判をドキュメンタリードラマで紹介する。

続きを読む

「エンタメ」のランキング