産経ニュース

【ZOOM】「総合視聴率」スタート 正確さ向上、録画分も集計

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ZOOM】
「総合視聴率」スタート 正確さ向上、録画分も集計

調査変更後の視聴率 調査変更後の視聴率

 調査会社のビデオリサーチ(VR、東京都千代田区)は3日から、関東地区でテレビ視聴率の調査方法を変更した。調査世帯数を600世帯から900世帯に増やし、新たに「タイムシフト視聴率」「総合視聴率」という指標をテレビ局などに提供。視聴スタイルの多様化に対応するのが狙いだが、どのような変化をもたらすのだろうか。(三品貴志)

                   

 調査世帯数を統合

 タイムシフト視聴率は、番組が放送7日以内に録画視聴された実態を示す。VRは平成25年から関東地区300世帯で測定を始めていたが、従来の世帯視聴率(リアルタイム視聴率)の対象600世帯とは「別枠」での測定だったため、それぞれを単純に比較することが難しかった。

 今回、これら300世帯と600世帯を統合し、リアルタイムとタイムシフトを併せて測定。どちらかの方法で番組が視聴された指標である「総合視聴率」を算出できるようになった(リアルタイムと録画の両方で視聴されたケースは差し引いて集計する)。

 「制作現場に勇気」

 VRは調査変更の理由について、「“テレビ視聴の分散化”に対し、視聴者の実態をより詳細にとらえたデータを提供するため」と説明している。背景にあるのは、単身世帯の増加や女性の社会進出、録画視聴の浸透といった変化だ。

続きを読む

「エンタメ」のランキング