産経ニュース

【タイ国王死去】「国王を侮辱する書き込みだ」と暴徒化・糾弾相次ぐ、明るい服装もダメ…異論寄せ付けない息苦しさ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【タイ国王死去】
「国王を侮辱する書き込みだ」と暴徒化・糾弾相次ぐ、明るい服装もダメ…異論寄せ付けない息苦しさ

プミポン国王への不敬があったとしてタイ人女性を糾弾する人々=16日、タイ南部サムイ島(AP) プミポン国王への不敬があったとしてタイ人女性を糾弾する人々=16日、タイ南部サムイ島(AP)

 プミポン国王が死去したタイで「ソーシャルメディアに国王を侮辱する書き込みをした」として、怒った人々が暴徒化し、投稿者を糾弾する動きが相次いでいる。大半の国民が黒い服を着る中、明るい色の服を着た人への非難も殺到。国全体が追悼ムードに包まれ、異論を寄せ付けない息苦しさが漂っている。

 「国王を侮辱しただろ。外に出てこい!」。複数の地元メディアによると、国王が死去した翌14日の夜、南部プーケット県の商店前に黒服を着た千人近い群衆が詰め掛け、店主の息子に次々と罵声を浴びせた。

 息子はフェイスブックに「人がいつか死ぬのは当然のことだ」と投稿した。群衆は王室への侮辱を禁じた不敬罪に当たると主張し、地元警察に身柄を拘束するよう求めた。

 15日には南部パンガー県の男性が悲嘆に暮れる国民を皮肉る内容を投稿。男性の父親が営む飲食店前には怒った住民ら約1500人が押し掛けた。(共同)

関連ニュース

【タイ国王死去】邦人社会も自粛ムード 「想像を超える悲しみ」タイ人の休暇認めるホテルも

「エンタメ」のランキング