産経ニュース

イタすぎる!? フジ新オムニバスドラマ始動・・・ その名は“人ドラ”

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


イタすぎる!? フジ新オムニバスドラマ始動・・・ その名は“人ドラ”

 原作「本当にあった女の人生ドラマ」表紙(C)ぶんか社2016  原作「本当にあった女の人生ドラマ」表紙(C)ぶんか社2016

 フジテレビは18日、大型特番として新オムニバスドラマ「本当にあった女の人生ドラマ」を11月18日午後9時から放送すると発表した。

 「世にも奇妙な物語」「ほんとにあった怖い話」など人気シリーズを送り出してきた同局が、女性の愛憎に焦点を絞った今までにないオムニバスドラマを制作する。

 原作は、ファンから“人(じん)ドラ”と呼ばれている同名レディースコミック誌。読者から投稿された実話をもとに女の愛、憎悪、嫉妬、欲望まみれの強烈すぎる物語が、2005年4月の創刊以来、30~40代の女性から注目を集め、女の愛憎劇コミックの金字塔となっている。

 誌面で組まれた「顔面ブスVS性格ブス」「得する離婚、損する再婚」「常識力ゼロのアラフィフ」「ズルすぎる計算高い女」特集など過去に反響が大きかった5本をオムニバスショートドラマとして映像化。さらに、そのドラマを女性タレントたちがスタジオで鑑賞。視聴者と同じ目線でトークを挟んでいく。

 同局の山本布美江プロデューサーは「私が最初に手にしたのが『イタすぎる!40女の悪あがき』特集。身につまされる思いで一気読みしたのが企画の始まり(笑)。金曜の夜、(お酒を飲みながら)『あーでもない、こーでもない』と思わずテレビにツッコンでしまいたくなるような、そして見終わったあとは『明日から頑張ろう』と思えるような番組をお届けしたい」と話している。

関連ニュース

水野美紀、結婚していた! 「仮面ライダー」俳優と交際3カ月のスピード婚

「エンタメ」のランキング