産経ニュース

“失敗しない外科医”米倉涼子は「計算すると失敗するタイプ」 「ドクターX」初回20・4%のロケットスタート!

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


“失敗しない外科医”米倉涼子は「計算すると失敗するタイプ」 「ドクターX」初回20・4%のロケットスタート!

強い視線を向ける米倉涼子。「最近は、道を歩いていても『大門先生』って言われることの方が多い」と笑った=東京・六本木 強い視線を向ける米倉涼子。「最近は、道を歩いていても『大門先生』って言われることの方が多い」と笑った=東京・六本木

 第4弾では前作同様、西田敏行(68)扮する悪徳病院長との対立が深まるほか、今作から登場の泉ピン子(69)演じる副院長ともバトルを展開。巨悪な医療問題にも立ち向かう。

 「人生でも俳優としても大先輩たちばかり。すごいエネルギーを感じるし、自然と委ねると敵対関係が表現できている。私は向かってくるものが大きければ大きいほどやる気が出るタイプなので、一段とエネルギッシュな内容になっていると思います」

 モデルとして約6年間活動し、2000年のTBS系「恋の神様」で女優デビュー。04年の「黒革の手帖」、06年の「けものみち」、07年の「わるいやつら」とテレ朝系の松本清張原作連ドラ3部作で清楚なイメージを覆す悪女役で開花し、ドラマや映画、舞台の話題作に数多く主演。12年には主演ミュージカル「CHICAGO」でブロードウェーデビューを果たすなど、着実にトップ女優の地位を確立してきた。

 「今の状況があるのは自分だけの力ではなくて周りのおかげ。本当にありがたいことで、感謝しないといけない。だからこそ、壁があっても乗り越えようと使命感を持って演じられている」

 悪女などのはまり役やさばけた人柄からタフで強そうに見えるが、「強くはないかも…。私は自分の力では何もできないから、影響を受けられる先輩たちの意見とか楽しい話をたくさん聞くようにしています」と苦笑い。最近は撮影で多忙な日々を過ごす。休む暇もないが、人と接するのが好きでストレスはない。「演じることが楽しい。ハードルが高い方がやりがいを感じる」という前向きな性格も大きく作用している。

 笑顔とナイスボディーを保つ秘訣については「きれいなものが好きだし、仕事をしているカッコいい人たちが好き。刺激のあるものに目を向けることが大切かな」とお茶目にほほえんだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • “失敗しない外科医”米倉涼子は「計算すると失敗するタイプ」 「ドクターX」初回20・4%のロケットスタート!
  • “失敗しない外科医”米倉涼子は「計算すると失敗するタイプ」 「ドクターX」初回20・4%のロケットスタート!
  • “失敗しない外科医”米倉涼子は「計算すると失敗するタイプ」 「ドクターX」初回20・4%のロケットスタート!
  • “失敗しない外科医”米倉涼子は「計算すると失敗するタイプ」 「ドクターX」初回20・4%のロケットスタート!

関連ニュース

米倉涼子ビックリ! 西田敏行が仰天発言「シャブ中ではございません」

「エンタメ」のランキング