産経ニュース

アマゾン読み放題サービスで一部配信停止 出版社反発「憤っている」 消費者置き去り「課題残す手法」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


アマゾン読み放題サービスで一部配信停止 出版社反発「憤っている」 消費者置き去り「課題残す手法」

キンドル アンリミテッド キンドル アンリミテッド

 アマゾンジャパンが提供する電子書籍の読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」から提供作品の配信を突然止められる出版社が相次ぎ、波紋を広げている。「読者の理解が得られない」として講談社が抗議声明を出す異例の事態となったが、利用者がサービスの一部を受けられなくなった背景には、日本ならではの出版事情を読み違えたアマゾンの甘さがあったとの声も上がっている。

 「大変困惑し、憤っております」。講談社は10月3日、同社が提供した千を超える全作品が一方的に削除されたとして、抗議声明を発表した。

 「キンドル アンリミテッド」は、月額980円で小説や漫画、雑誌など約12万冊が読み放題となるサービス。8月3日のスタートからまもなくランキング上位の作品が対象から外され、9月末までに講談社や小学館、光文社など20社近くの作品の一部もしくは全てが配信を止められた。

 アマゾン側は多くの出版物を集めるため、年内に限っては閲覧数に応じた上乗せ料金を支払う契約を一部の社と交わしていた。しかし、漫画や女性タレントの写真集に想定以上の人気が集まり、予算が足りなくなったとみられる。アマゾンは契約の変更を各社に求めたが、関係者は「応じなかった社の配信が止められたのではないか」とみる。

続きを読む

このニュースの写真

  • アマゾン読み放題サービスで一部配信停止 出版社反発「憤っている」 消費者置き去り「課題残す手法」

「エンタメ」のランキング