産経ニュース

「真田十勇士」人気舞台を映画化 アニメ・CG駆使、迫力の大合戦

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「真田十勇士」人気舞台を映画化 アニメ・CG駆使、迫力の大合戦

「佐助は少年漫画から飛び出してきたような人物。演じていて気持ちが良い」と語る中村勘九郎(春名中撮影) 「佐助は少年漫画から飛び出してきたような人物。演じていて気持ちが良い」と語る中村勘九郎(春名中撮影)

 平成26年に大ヒットした舞台を映画化した「真田十勇士」(堤幸彦監督)が全国公開中だ。実は腰抜けの真田幸村を英雄にすべく奮闘する十勇士の活躍を描くアクション時代劇。脚本は舞台と同じくマキノノゾミで、アニメパートあり、CG(コンピューターグラフィックス)を駆使した大合戦ありと、さまざまな手段で観客を楽しませる。(岡本耕治)

                   

 関ケ原の合戦から14年。忍者の里を逃げ出した猿飛佐助(中村勘九郎)は天下の名将、真田幸村(加藤雅也)と出会う。しかし、幸村は、実は奇跡的な運に助けられてきただけの腰抜けだった。佐助は幸村を本物の英雄に祭り上げることを決意。抜け忍仲間の霧隠才蔵(松坂桃李)ら9人の仲間を集め、徳川家康(松平健)との一戦を控えた大坂城へと乗り込む…。

 真田十勇士の魅力について、勘九郎は「幸村という武将の名がここまで知られたのは十勇士の存在が大きかったと思う。架空のキャラクターだから、とらえ方もさまざまで、自由に物語れるところが面白い」。マキノの脚本については、「『嘘が誠か、誠が嘘か』というテーマがすべて。どの登場人物も魅力的で、俳優陣はみんな楽しかったと思う」と語る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「真田十勇士」人気舞台を映画化 アニメ・CG駆使、迫力の大合戦

関連ニュース

映画「真田十勇士」出演の大島優子さんが長野・上田を訪問 真田神社でヒット祈願

「エンタメ」のランキング