産経ニュース

【きょうの人】映画「スタートライン」が公開中 ろうの映画監督 今村彩子(いまむら・あやこ)さん(37)

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【きょうの人】
映画「スタートライン」が公開中 ろうの映画監督 今村彩子(いまむら・あやこ)さん(37)

映画監督の今村彩子さん 映画監督の今村彩子さん

 「苦手なコミュニケーションと向き合うことで、自分自身のスタートラインにしたかった」

 平成12年に映像作家として出発し、同じ聴覚障害者にカメラを向け続けてきた。東日本大震災後は、被災地に直行。音のない災害に直面した人々を追ったドキュメンタリー「架け橋 きこえなかった3・11」(25年)を発表し、ドイツの映画祭で観客賞も受賞した。実績を重ねた昨年夏、思い切って自らが被写体となった。

 公開中の「スタートライン」(30日まで、東京・新宿のケイズシネマ)は、自身が自転車で日本縦断した57日間をたどるロードムービー。厳しくも情深い伴走者兼撮影者の堀田哲生さん(41)と、沖縄から北海道まで3824キロを駆け抜けた。

 「2年前、母と祖父を相次いで亡くし、死を考えるほど落ち込んだ。『聞こえない』を言い訳にせず、前向きに生きるため、旅先で人と触れ合おうと思った」

 各地の人々との心温まる交流を描くはずが、実際の旅は荒天でずぶぬれ、道は間違える、伴走者と大げんか…。困難の連続だった。複数の人との会話も読唇術で対応しきれず、いらだって涙する姿など、“格好悪い自分”が写っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 映画「スタートライン」が公開中 ろうの映画監督 今村彩子(いまむら・あやこ)さん(37)

関連ニュース

【きょうの人】震災後描き日本漫画家協会賞のいがらしみきおさん「乗り越える覚悟があるから、日常を送れる」

「エンタメ」のランキング