産経ニュース

TBS社長「捏造ではないが、行き過ぎた編集」 番組出演者「脱落」演出で

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


TBS社長「捏造ではないが、行き過ぎた編集」 番組出演者「脱落」演出で

 TBSテレビの武田信二社長は6日の定例会見で、バラエティー番組「ピラミッド・ダービー」で出演者の姿を断りなく映像処理で消していた問題について、「決して捏造ではないが、行き過ぎた編集で、事前に出演者への説明や了解を取る作業を省いてしまい、ミスが重なった」と釈明した。

 問題となったのは6月19日の放送。双子が入れ替わったかどうかを当てるコーナーに出演した「顔相鑑定士」の池袋絵意知さんが放送後に「収録時と内容が異なる」と指摘した。池袋さんは収録で最終問題まで解答したにもかかわらず、放送では途中で「脱落」し、1人だけ姿を消された映像が流れていた。

 TBSの伊佐野英樹編成局長は「作業工程に問題があった。分業態勢の中で、さらに面白くするための工夫が上乗せされた結果。最初から最後までチェックする人間がいなかったことが大きな原因だ」と説明。「悪意を持ってやったとか、ばれなければいいと思ってやったわけではない」「出演いただいた方への敬意が抜け落ちていた。了解をいただいていれば良かった」と述べた。

 TBSは今月5日、番組公式サイトで、「出演者の方からご指摘いただいた収録の順番やルール変更の経緯は演出の一環のつもりでしたが、事前に説明や了解を得ることなく画像を加工し、行き過ぎた編集がありました」として、「池袋絵意知氏、および視聴者の皆さまに深くおわびいたします」と謝罪した。

「エンタメ」のランキング