産経ニュース

子供たちのためにチャリティーコンサートの夕べ 札幌キワニスクラブ主催

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


子供たちのためにチャリティーコンサートの夕べ 札幌キワニスクラブ主催

札幌キワニスクラブ主催のチャリティーコンサートで演奏を披露する赤松林太郎氏=6月30日夜、札幌市の京王プラザホテル札幌(杉浦美香撮影) 札幌キワニスクラブ主催のチャリティーコンサートで演奏を披露する赤松林太郎氏=6月30日夜、札幌市の京王プラザホテル札幌(杉浦美香撮影)

 社会奉仕団体「札幌キワニスクラブ」が主催するチャリティーコンサートが6月30日、札幌市の京王プラザホテル札幌で開かれ、約300人の市民らがピアノ演奏やオペラの歌曲を楽しんだ。

 キワニスクラブは米国・デトロイト州で誕生、世界80カ国で約8千のクラブを有する。札幌は昭和48年、日本で7番目に創立され、幼い子供たちの健全育成や災害援助などの支援活動などを主に行っている。コンサートはその一環で今回で6回目。

 冒頭、田原米起会長が「子供たちの環境はよいとはいえない。そんな子供たちのためにコンサートの収益金に役立てたい」とあいさつ。

 コンサートは2部構成で、第1部は「Viaggio del mondo~世界を巡る旅~」をテーマに、新堀聡子さんのピアノでソプラノの九嶋香奈枝さん、テノールの秋谷直之さんがオペラ「椿姫」の「乾杯の二重奏」などのオペラの名曲から松島音頭など日本の民謡などを軽妙なトークとともに披露。第2部はピアノの赤松林太郎さんが「世界にはばたくピアニズム」として、ベートーベンのソナタ「熱情」などピアノの名曲を演奏した。

 この日は、札幌市内の音楽を学ぶ中、高校生も招待された。札幌大谷中学校音楽コースでピアノを学んでいる2年、上山舞唯さん(13)は「歌声が透き通っていました。聞いたことがある曲が多く、とても楽しめました」と話していた。

このニュースの写真

  • 子供たちのためにチャリティーコンサートの夕べ 札幌キワニスクラブ主催
  • 子供たちのためにチャリティーコンサートの夕べ 札幌キワニスクラブ主催
  • 子供たちのためにチャリティーコンサートの夕べ 札幌キワニスクラブ主催

「エンタメ」のランキング