産経ニュース

【追悼】蜷川幸雄さん 「戦ってこいよ」演劇人生に光 演出家・藤田俊太郎

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【追悼】
蜷川幸雄さん 「戦ってこいよ」演劇人生に光 演出家・藤田俊太郎

「カリギュラ」の楽屋での蜷川幸雄さん(左)と藤田俊太郎さん=平成19年12月、大阪のシアターBRAVA!(藤田さん提供) 「カリギュラ」の楽屋での蜷川幸雄さん(左)と藤田俊太郎さん=平成19年12月、大阪のシアターBRAVA!(藤田さん提供)

 蜷川幸雄さんの演出助手を10年余り務めました。今、ご一緒に過ごした日々を思い出しています。

 東京芸大で写真を学んでいた僕は、演劇評論家の長谷部浩先生の研究室の講義で蜷川さんのことを学び、さらに蜷川さん演出、藤原竜也さん主演の「ハムレット」(平成15年)を見て、衝撃を受けた。いてもたってもいられず、ニナガワ・スタジオのオーディションを受けました。

 “世界のNINAGAWA”の前で、生まれて初めて演技。蜷川さんには後から「あまりにも下手で、びっくりしたから取ったんだ。変な芸大生だった」と言われました。

 残念ながら僕に俳優としての才能は全くなかった。スタジオに入って1年後、演劇を諦めかけたとき、蜷川さんは「見られるより、見ることが好きなら俺のそばにいればいい」と、新たに演出助手のチャンスを下さった。そこから僕の人生に光が見えるようになりました。

「エンタメ」のランキング