産経ニュース

声優・大塚明夫が実写ドラマ初主演 スティーブン・セガールやニコラス・ケイジ演じた低音でコンシェルジュ役 BSジャパン「真夜中の百貨店」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


声優・大塚明夫が実写ドラマ初主演 スティーブン・セガールやニコラス・ケイジ演じた低音でコンシェルジュ役 BSジャパン「真夜中の百貨店」

「真夜中の百貨店」で主演を務める大塚明夫 「真夜中の百貨店」で主演を務める大塚明夫

 米俳優、スティーブン・セガールやニコラス・ケイジの吹き替えなどで知られる声優の大塚明夫(56)がBSジャパン「真夜中の百貨店~シークレットルームへようこそ~」(火曜午後11時)で、実写ドラマ初主演に挑んでいる。渋い低音を生かし、映画、アニメ、ゲームと数多くの人気キャラクターを演じてきた大塚。「すごく新鮮」と語り、大きな刺激を受けているようだ。

 物語の舞台は深夜の百貨店。大塚演じる「コンシェルジュ」が、事情を抱えた客の心を解きほぐしながら、こだわりの逸品をおすすめする。三越伊勢丹の協力を受け、本物の商品を紹介する新感覚ドラマだ。

 「百貨店で働くスタッフたちのお客さまや品物に対する思いが束になり、結晶のように人の形をとったものが『コンシェルジュ』なのではないでしょうか」

 ひげをたくわえ、スーツにちょうネクタイを着こなした長身の俳優からは大人の色気が漂う。

「エンタメ」のランキング