産経ニュース

【聞きたい。】「襟を正すため本を書いた」 トライ&エラー繰り返し飾らずにつづる  狩野恵里アナ著『半熟アナ』

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
「襟を正すため本を書いた」 トライ&エラー繰り返し飾らずにつづる  狩野恵里アナ著『半熟アナ』

狩野恵里さん 狩野恵里さん

 「何がわからないかを伝えるのも新人の役目。先輩は後輩に聞かれることがうれしいときもある」「自分が気にするほど誰も見ていないが、誰かは必ず見ているものだ」

 同期や先輩と比較してあせり、もがくさまはどの職業も共通だが、人気商売ゆえ、それが世間の目にもさらし出されてしまう。

 「視聴者からは画面に映っているときしか見えないが、実際は事前取材や下調べの時間が9割。不思議な職業だなぁと思いますね」

 後輩にアドバイスのバトンをつなぐ立場になってきたが、「疲れを理由に挨拶の声が小さくなってしまったり、厳しい言葉を掛けられず穏便にすまそうとしたり。私自身、襟を正すためにも、本を書いたという感じです」。(KADOKAWA・1200円+税) 

 永井優子

                   

【プロフィル】狩野恵里 

 かのう・えり 昭和61年、東京都生まれ。国際基督教大卒。平成21年、テレビ東京にアナウンサーとして入社。25年4月から「モヤモヤさまぁ~ず2」、他に「ネオスポ」などを担当。

このニュースの写真

  • 「襟を正すため本を書いた」 トライ&エラー繰り返し飾らずにつづる  狩野恵里アナ著『半熟アナ』

関連ニュース

カトパン、早くも“フリー”トーク 「子供向けの教育番組やりたい」

「エンタメ」のランキング