産経ニュース

【聞きたい。】「襟を正すため本を書いた」 トライ&エラー繰り返し飾らずにつづる  狩野恵里アナ著『半熟アナ』

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
「襟を正すため本を書いた」 トライ&エラー繰り返し飾らずにつづる  狩野恵里アナ著『半熟アナ』

狩野恵里さん 狩野恵里さん

 「アナウンサーとして『完熟』しているわけではないが『未熟』だと甘えすぎ、だから発展途上の『半熟アナ』。それに、半熟卵は好きな人は好きだから。みんなに好かれる『王道のアナウンサー』は目指さない。小人数でも好きな人たちに見てもらえれば」

 人気番組「モヤモヤさまぁ~ず2」などを担当するテレビ東京アナウンサーの初エッセー。小学校6年から5年間過ごしたアメリカ生活で学んだもの、言葉とコミュニケーションに興味を抱いた大学生時代、アナウンサー試験、新人時代の苦闘から「モヤさま」の現場に至るまで、トライ&エラーの日々が、飾らない筆致でつづられている。

 「入社後2年間は仕事がうまくいかなくて。悩んでいたときに先輩や周囲の方々からアドバイスしていただいた“言葉”に重点を置いて書いてみました」

 3年前、「モヤさま」に抜擢(ばってき)されたときには、社内でも「狩野って誰?」と言われるほど地味な存在だったという。苦闘の日々に著者を勇気づけた言葉の数々は、不安を抱える新人社員はもちろん、働く者なら胸にしみ入るものだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「襟を正すため本を書いた」 トライ&エラー繰り返し飾らずにつづる  狩野恵里アナ著『半熟アナ』

関連ニュース

カトパン、早くも“フリー”トーク 「子供向けの教育番組やりたい」

「エンタメ」のランキング