産経ニュース

NHK「マスケティアーズ」3日スタート 宮野真守 アフレコ熱演

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


NHK「マスケティアーズ」3日スタート 宮野真守 アフレコ熱演

「『三銃士』の若き銃士といえば、ダルタニアン。演じられて光栄」と語る宮野真守 (寺河内美奈撮影) 「『三銃士』の若き銃士といえば、ダルタニアン。演じられて光栄」と語る宮野真守 (寺河内美奈撮影)

 今、若者の間で最も人気のある男性声優の一人が宮野真守(32)だ。アニメで声をあてるだけでなく、宮野自身の明るいキャラクター性がファンを魅了している。その宮野が4月3日に始まる海外ドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」(NHK総合、日曜午後11時)で、主人公となるダルタニアンの声の吹き替えを担当。宮野は「豪華でドラマチックで、何より登場人物が格好良い作品です」と話している。

 物語の舞台は17世紀のパリ。『三銃士』が原作だが、「登場人物の関係性が今までの映像作品などとは少しずつ異なり、独自の展開をする。斬新だし、のめり込むと思う」という。

 主人公は3人の銃士隊員と出会い、自らも銃士を志す青年、ダルタニアン(ルーク・パスカリーノ)。国王の命を狙う敵や、欲望渦巻く王宮内の政争、謎の美女との駆け引き…。さまざまな困難や戦いを乗り越え、若きダルタニアンは勇敢な銃士に成長していく。

 「若さゆえに突進する部分もありますが、ダルタニアンは真っすぐで格好良い人物。彼の真っすぐな部分をしっかりとらえ演技で表現したいと思います」

 アトスやアラミス、ポルトスをはじめ、ワイルドな男前キャラも多く登場する。「ダルタニアン以外の登場人物にもそれぞれのドラマがあります。みんな格好良いので、ぜひ、お気に入りのキャラクターを見つけてもらえれば。アクションシーンもド派手です!」

このニュースの写真

  • NHK「マスケティアーズ」3日スタート 宮野真守 アフレコ熱演

「エンタメ」のランキング