産経ニュース

国谷裕子キャスター「視聴者に感謝」 NHK「クロ現」最終回であいさつ 「人生に大きな区切り」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


国谷裕子キャスター「視聴者に感謝」 NHK「クロ現」最終回であいさつ 「人生に大きな区切り」

国谷裕子キャスター(撮影・桐山弘太) 国谷裕子キャスター(撮影・桐山弘太)

 NHKの報道番組「クローズアップ現代」が17日、最終回を迎え、最後の出演となった国谷裕子キャスターが「長い間続けることができたのは、協力いただいた多くのゲストの方々、そして、何より番組を見てくださった視聴者のおかげだと感謝しています。本当にありがとうございました」と述べ、深々と頭を下げた。

 国谷キャスターは番組の最後、「23年間担当してきた番組も、今夜が最後になりました。この間、視聴者の皆さまから、おしかりや戒めも含め、大変多くの励ましをいただきました」と発言。その上で、「番組が始まった平成5年からの月日を振り返ると、国内、海外の変化の底に流れるものや、静かに吹き始めている風をとらえようと、日々もがき、複雑化し、見えにくくなってきた現代に少しでも迫ることができれば、との思いで番組に携わってきました」と振り返った。

 この日の番組では、「未来への風~“痛み”を越える若者たち~」と題し、社会で声を上げる若者たちを特集。学生団体「SEALDs(シールズ)」中心メンバーの奥田愛基さんや歌人の鳥居さんらの活動を取り上げた。

「エンタメ」のランキング