産経ニュース

ロパートキナの映画きょう公開 孤高の白鳥…知られざる素顔に迫る

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ロパートキナの映画きょう公開 孤高の白鳥…知られざる素顔に迫る

「『愛の伝説』を踊り、新たな言語を学んだ気持ちになった」と作品への思いを話すロパートキナ(三尾郁恵撮影) 「『愛の伝説』を踊り、新たな言語を学んだ気持ちになった」と作品への思いを話すロパートキナ(三尾郁恵撮影)

 「最初は映画の撮影依頼を断った。でも、この映画で『愛の伝説』というバレエ作品を観客に見たいと思ってもらえるなら、それでいいと考え直したんです」

 ロシアの名門バレエ団「マリインスキー・バレエ団」を代表するプリンシパル(最高位ダンサー)、ウリヤーナ・ロパートキナ(42)を追ったドキュメンタリー映画「ロパートキナ 孤高の白鳥」(マレーネ・イヨネスコ監督・脚本)が30日から全国で公開される。

 身長175センチと、手足の長さを生かした美しいポーズが象徴的なダンサー。日本でも昨年11月の同団来日公演で、主演日が真っ先に完売した人気を誇る。映画では、マリインスキーでの稽古風景や、母校のワガノワ・バレエ・アカデミーを訪問して少女時代を回想するなど、めったにカメラが入れない場所でロケが行われた。主演作の映像も多数盛り込まれ、ロパートキナをさまざまな角度から映し出す。

 「稽古場風景は私の秘密を明かすこと。初めて公開したが、『愛の伝説』を映画の軸にし、愛について私が話す場面を入れるという条件で応じた」

「エンタメ」のランキング