産経ニュース

【SMAP解散協議】SMAP存続へ!メリー氏“軟化”で急転、キムタクが緊急会談へ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【SMAP解散協議】
SMAP存続へ!メリー氏“軟化”で急転、キムタクが緊急会談へ

サンスポSMAP報道 2016年1月18日付け東京サンケイスポーツ1面紙面複写

 分裂、解散危機騒動に揺れるSMAPが存続する見通しとなったことが17日、分かった。ジャニーズ事務所が、一時は独立を決断した中居正広(43)ら4人の残留と、木村拓哉(43)とともにSMAPとしての活動継続を認める方針を固めた。グループ存続を望む“世論”も後押し。木村が18日にも事務所幹部と緊急会談して“最終決定”するとみられる。21日に決まったフジテレビ系「SMAP×SMAP」の収録には晴れて5人そろって臨む。(サンケイスポーツ)

 13日の騒動勃発から5日目。日本列島が揺れたSMAPの分裂、解散危機騒動は急転直下、「SMAP存続」という形で収束へ動き出した。

 複数の関係者の話を総合すると、17日までにメリー喜多川副社長(89)が中居、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)の4人に対し事務所残留の方向で態度を軟化させつつある。一方で4対1という対立構図にあるとされたメンバーだが、すでに4人は事務所との話し合いを木村に一任している。

 その木村は17日、主演映画「無限の住人」の撮了を迎え、同日夜に京都から帰京。ファンと報道陣約40人が集まる中、サングラス姿で品川駅で降車。主演映画の撮影中、右膝靱帯(じんたい)を損傷した影響で足を少しひきずっていた。取材陣から「メンバーと話し合いは?」などと矢継ぎ早に質問が飛んだが無言のまま足早に立ち去り東京都内の自宅に戻った。

関連ニュース

【SMAP解散協議】松本人志、中居を説得していた「絶対解散するな」「人のことやのに泣きそう…」

「エンタメ」のランキング