産経ニュース

スター・ウォーズ生みの親・ルーカス監督が「フォースの覚醒」を批判 ディズニーへの売却を「奴隷業者に売ってしまった…」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


スター・ウォーズ生みの親・ルーカス監督が「フォースの覚醒」を批判 ディズニーへの売却を「奴隷業者に売ってしまった…」

最新作「エピソード7/フォースの覚醒」の欧州公開に合わせて訪英し、ファンにサインをするジョージ・ルーカス監督(右)=昨年12月16日、ロンドン(AP) 最新作「エピソード7/フォースの覚醒」の欧州公開に合わせて訪英し、ファンにサインをするジョージ・ルーカス監督(右)=昨年12月16日、ロンドン(AP)

「ディズニーは懐古趣味」とルーカス氏

 米SF映画の金字塔「スター・ウォーズ(SW)」シリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス監督(71)が、自分の手を離れ米ディズニーによって製作されたシリーズ最新作「エピソード7/フォースの覚醒」(J・J・エイブラムス監督)をあからさまに批判したうえ、自分がSWの全権利を米ディズニーに売却したことを「奴隷業者(ホワイト・スレーバーズ)に(SWを)売ってしまった」と嘆いたことで、米娯楽業界が騒然としている。ルーカス監督は「奴隷業者」発言こそ謝罪したが、エピソード7の作風に関してはSWのオールドファンからも非難や不満が出ており、これを機にSW論争に火が付きそうだ。(SANKEI EXPRESS

ディズニーはルーカス氏のアイデアをボツに

 「私はSWを単なるSF映画だとは思っていない。SWはメロドラマであり、すべての家族の問題を描いているんだ。ところがディズニーは(SWを)メロドラマではなく、ファンを喜ばせるためのレトロ(懐古趣味)なSF作品にしようとしていた…」

関連ニュース

SWのギャラ暴露 「絶対必要だった」ソロ船長役のハリソン・フォード、新人と55倍もの“格差”に

「エンタメ」のランキング