産経ニュース

【ZOOM】11日「剣客商売」 主演・北大路欣也 小兵衛の「生きる視点に憧れる」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ZOOM】
11日「剣客商売」 主演・北大路欣也 小兵衛の「生きる視点に憧れる」

御用聞きの弥七(山田純大、右)から報告を聞く秋山小兵衛(北大路欣也)

 老剣客・秋山小兵衛の活躍、今年も-。ドラマ「剣客商売」シリーズの新作「陽炎(かげろう)の男」が11日午後9時、フジテレビ系で放送される。主演の北大路欣也(72)は平成24年から年1回のペースで小兵衛役を演じている。北大路は「思えばもう4回目。素晴らしい作品になるよう全員で頑張っているし、『ネクスト(次回作)』という欲も持っています」と意気込みを語った。(本間英士)

 「剣客商売」は、池波正太郎の原作小説をドラマ化した人気シリーズ。今作でも男装の女剣士、佐々木三冬を杏(29)、小兵衛の息子、大治郎を斎藤工(たくみ)(34)が演じる。

 小兵衛はある日、暴漢に襲われている将軍家直参の旗本、村松伊織(窪塚俊介)を助ける。襲われた理由を聞くと、伊織と香具師(やし)の元締め、辰蔵(柄本明)の一人娘との恋仲を知った辰蔵が憤り、命を狙われているという。武家の若侍と町人の娘。「身分違いの恋」に同情した小兵衛は、2人のために一肌脱ぐことになる。

 一方で、三冬が暮らす家には素性の知れない浪人たちが押し入ったため、小兵衛は大治郎に三冬の警護を指示する。この2つの「事件」を解決するまでの謎解きや親子関係など人間模様の機微、華麗な立ち回りが見どころだ。

このニュースの写真

  • 11日「剣客商売」 主演・北大路欣也 小兵衛の「生きる視点に憧れる」

「エンタメ」のランキング