産経ニュース

植木等、幻の主演映画「本日ただいま誕生」 終戦の日にテレビ初放送

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


植木等、幻の主演映画「本日ただいま誕生」 終戦の日にテレビ初放送

日本映画専門チャンネルで放送される「本日ただいま誕生」から (C)渡辺プロ

 ヒット曲「スーダラ節」や映画「無責任シリーズ」で知られる「クレージーキャッツ」メンバー、植木等の“幻”の主演映画「本日ただいま誕生」(昭和54年)が15日午後5時半、BS日本映画専門チャンネルで初めてテレビ放送される。同作の原版フィルムは長年、所在不明だったが、平成24年に植木が所属していた渡辺プロダクションの倉庫で見つかった。

 同作は、シベリア抑留中に凍傷に侵され、両足を切断した大沢(植木)が、敗戦後の日本でたくましく生き抜いていく波瀾(はらん)万丈の一代記。植木自ら映画化を希望し、降旗康男が監督を務めたが、公開当時は数少ない劇場で1、2週間しか上映されなかったという。

 原版フィルムは、渡辺プロが同チャンネルと映像技術会社の東京現像所の協力を得て、約2年かけて修復。ハイビジョン映像に復元され、昨年の東京国際映画祭で特別上映された。

 同チャンネルでは9日午前9時から、フィルム復元までの軌跡を追うドキュメンタリードラマ「本日ただいま放送~植木等・幻の主演映画~」も放送。お笑いトリオ「我(わ)が家(や)」の坪倉由幸が主演を務め、かつて植木の付き人だった小松政夫が特別出演する。

 一連のプロジェクトに携わったチャンネル運営元、日本映画放送編成制作部の槌谷昭人さんは「『無責任シリーズ』とは異なるシリアスな作品で、俳優、植木等のキャリアの上でも貴重な作品。終戦の日に放送するのにふさわしいと思った」と話している。

「エンタメ」のランキング