産経ニュース

闘病中の坂本龍一さんが活動再開 山田洋次監督「母と暮らせば」で音楽担当

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


闘病中の坂本龍一さんが活動再開 山田洋次監督「母と暮らせば」で音楽担当

 坂本龍一さん

 中咽頭がんで闘病中の音楽家、坂本龍一さん(63)が、山田洋次監督の映画「母と暮せば」(12月公開)で音楽を担当し、活動を再開することが3日、分かった。

 製作・配給の松竹によると、原爆投下から3年後の長崎を舞台に、助産師をしている母親の前に、原爆で亡くしたはずの息子が現れる物語。母親を吉永小百合さんが、息子を二宮和也さんが演じる。

 坂本さんは「核のない世界を望んでいるぼくとしては、これはやるしかありません。このような大作が、病気からの復帰後第1弾の仕事なのですから、ぼくは本当に幸せ者です」とのコメントを発表した。

このニュースの写真

  • 闘病中の坂本龍一さんが活動再開 山田洋次監督「母と暮らせば」で音楽担当

「エンタメ」のランキング