産経ニュース

元PL球児の漫画家、なきぼくろさん 『バトルスタディーズ』 母校への思い…強さの内側にあるもの

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


元PL球児の漫画家、なきぼくろさん 『バトルスタディーズ』 母校への思い…強さの内側にあるもの

PL学園野球部出身の漫画家、なきぼくろさん

 今年100年目を迎える高校野球。春夏を通じ7度の甲子園制覇を誇る大阪の名門、PL学園野球部で甲子園に出場した漫画家が手がける高校野球漫画『バトルスタディーズ』(講談社「週刊モーニング」連載)が話題だ。清原和博さんや桑田真澄さんをはじめ、多くのプロ選手を輩出してきた名門は今年、暴力問題などの余波で新入生の募集を停止。苦境のなかで、甲子園出場をかけた予選を戦っている。作品に込めた思いを作者のなきぼくろさん(29)に聞いた。(戸谷真美)

■「運動神経のいい絵」

 「強いチームには、強い理由がある。(漫画を通じて)強い人たちがなぜ強いのかというのを描けたら、と思ってます」

 『バトルスタディーズ』の主人公は、PL学園をモデルにした強豪「DL学園」に特待生として入部した狩野笑太郎。DL-横羽間の延長十七回の死闘を見てDLに憧れ、中学日本代表で戦った仲間らとともに晴れて入学した笑太郎だが、待っていたのは厳しい規律と絶対的な上下関係だった-。

 寮生活の規律から泥まみれのユニホームの洗濯の仕方まで、リアルかつユーモラスに表現される強豪の日常。何より、漫画家になる前にイラストレーターとして活躍していただけあって、漫画の枠を超えた躍動感のある絵が印象的だ。

「エンタメ」のランキング