産経ニュース

若者に問う生と死 「ペール・ギュント」再生の舞台 演出・白井晃 主演・内博貴

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


若者に問う生と死 「ペール・ギュント」再生の舞台 演出・白井晃 主演・内博貴

 ノルウェーの劇作家、イプセンが19世紀に書いた劇詩「ペール・ギュント」が現代によみがえる。演出家の白井晃(58)が7月に舞台化、主演のぺールにストレートプレー初主演の内博貴(うち・ひろき)(28)を迎える。人生に迷い、放浪の旅を続けるペールには現代の悩める若者像も投影される。白井は内に等身大のペールを期待、その姿を鏡として「人がいかに生き、死ぬかを考えたい」と話す。(藤沢志穂子)

  

 ペール・ギュントは、イプセンと同じノルウェーの作曲家、グリーグが書いた楽曲とともに、1876年に初演された。落ちぶれた豪農の息子、ペールが行き当たりばったりの恋や人生に思い悩みながら自分探しを続け、青年期から老年期まで世界中を旅する冒険譚(たん)。楽曲は誰もが聞いたことのあるクラシックだ。

 だが、「白井版」は、現代の荒くれたイメージを打ち出す。物語は、破壊された病院のような廃虚を背景に、ペールを思わせる胎児が夢を見ているかのように進む。音楽は、ジャズピアニストのスガダイローが即興に近い生演奏をつける。

 斬新なアレンジにはペールを「今の時代に放り込む」(白井)狙いがあり、廃虚は世界中で続く紛争を映し出すものだ。構成と演出は白井、翻訳と上演台本は谷賢一が担当する。

「エンタメ」のランキング