産経ニュース

今、「軍歌」がアツい! 若者にも広がり、従軍看護婦コスプレでマイク握る

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


今、「軍歌」がアツい! 若者にも広がり、従軍看護婦コスプレでマイク握る

従軍看護婦のコスプレで軍歌を歌う三笠舞子さん (三笠さん提供)

 戦後70年、軍国主義を賛美するなどとしてタブー視されることが多かった軍歌に「新たな風」が吹いている。動画投稿サイト「You Tube」の普及やアニメの影響などによって、純粋に「歌」として楽しむ20、30代の若い世代のファンが増加。節目の今年、レコード各社も相次いで軍歌全集を発売しており、若者や入門者にターゲットを絞った企画も目立つ。(喜多由浩)

 You Tubeで特に人気の高い「出征兵士を送る歌」(昭和14年)の再生回数は200万回以上。コメント欄には、「街宣車」「戦争」など既成イメージのキーワードに交じって、「カッコいい」「元気が出る」という若者らしき書き込みも見られる。

 キングレコードで軍歌を担当する松坂茂樹専任プロデューサーによると、「こうした傾向が顕著になってきたのはここ数年のこと。ヒーリング(癒やし)ソングとして楽しんだり、出社する前に聞いたりするという若いファンもいる」と話す。

このニュースの写真

  • 今、「軍歌」がアツい! 若者にも広がり、従軍看護婦コスプレでマイク握る

「エンタメ」のランキング