産経ニュース

野村萬斎+中越典子、井上ひさし「藪原検校」再演 生きるとは、問う

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


野村萬斎+中越典子、井上ひさし「藪原検校」再演 生きるとは、問う

「前回は体脂肪が7%台まで落ちた」と話す野村萬斎(左)と、「こんな大役をいただけるなんて」と感無量の中越典子(中井誠撮影)

 狂言師の野村萬斎(48)が盲目の大悪党を演じる「藪原検校(やぶはらけんぎょう)」で、3年ぶりの再演に挑む。江戸時代の階級社会の闇を描いた井上ひさしの傑作で、演出は前回に続き、栗山民也。キャストは一部入れ替わり、新たに中越(なかごし)典子(35)らが加わる。悪事を尽くして盲人界の最高位にのし上がる主人公、杉の市の一生を、萬斎は狂言師として培った技も生かして演じ、「生きることを考える芝居になる」と話す。(藤沢志穂子)

 「藪原検校」は、盲目で生まれた杉の市が強盗や殺人など悪事を尽くして盲人界の最高位「検校」襲名披露の直前に捕らえられ、28歳で処刑されるまでの短い一生を描く。

 萬斎は「50歳になる前にもう一度演じたかった。杉の市の生き急ぐ凝縮された28年の人生に50年くらいの厚みがある気がした。60歳になったら(体力的に)無理なので、今のうちにと考えた」

 杉の市は実母を殺し、師匠を、その妻で自分の愛人、お市(中越)と共謀して殺すなど悪事を尽くす。晴眼者と対等になるには金をかき集め、「検校」になるしかないと考えたためだ。動きはハードで、「前回の公演中、体脂肪は7%台まで落ちた。恐らく今回も」と、萬斎は笑う。

「エンタメ」のランキング