産経ニュース

【話の肖像画】エール大卒の落語家・立川志の春(1)大手商社の仕事なげうち転身

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
エール大卒の落語家・立川志の春(1)大手商社の仕事なげうち転身

 〈東京・帝国ホテルのラウンジ。日ごろ着慣れた紋付きはかまではなく、この日はこざっぱりした洋服姿でインタビューに応じた〉

 落語との出合いは全くの偶然だったんです。平成13年の11月のこと。会社の休日に当時、付き合っていた彼女(現在の妻)と東京・巣鴨の街でお昼ご飯でギョーザ屋さんに食べに行こうとしていたら、たまたま落語のスタジオがあって看板が出ていた。それが立川志の輔師匠の独演会でした。

 「なかなか見られない落語家さんだから」と彼女に誘われるがまま、渋々当日券を買いました。それが落語との出合いです。そこで言葉も舞台も現代風の新作落語「はんどたおる」という演目が始まったんですが、80人ほどが入った会場は「まくら」と呼ばれる最初の導入部分から大爆笑。誰もが腹を抱えて笑っているんです。それが新鮮で衝撃でしたね。

 それまで落語には全然、興味もなかったんですが、以来、師匠の公演はもちろん、毎日のように落語家の高座を見に行くほどにはまってしまった。半年たったころには落語家になりたいと思うようになっていたんです。

「エンタメ」のランキング