産経ニュース

「性交原因の陽性」あり得ない…ASKA元被告の愛人の主張、科捜研検査員がバッサリ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「性交原因の陽性」あり得ない…ASKA元被告の愛人の主張、科捜研検査員がバッサリ

 人気デュオ、CHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)元被告(56)の愛人で、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた栩内(とちない)香澄美被告(37)の第3回公判が2日、東京地裁で開かれた。尿検査の陽性反応について同被告が「性交渉で宮崎さんの精液が混入した」と主張したことに、検察側証人の科学捜査研究所検査員は少なくとも370回分の射精が必要と反論。栩内被告は窮地に追い込まれた。第4回公判は21日に行われる。(サンケイスポーツ)

 9月9日の第2回公判で、自身の体に覚醒剤を入れた人物について「宮崎さん」と名指しで非難した栩内被告の主張が、科捜研による“メス”で崩壊した。

 検察側証人として、2002年から現在まで約5900件もの薬物検査を行った経験を持ち、栩内被告の尿検査も担当した男性検査員が出廷。検察側の「宮崎の精液が陽性反応の原因では」との問いに、「それはないと思います」と断言した。

 同検査員によると、覚醒剤使用者の精液に含まれる覚醒剤の量について射精1回(成人平均で精液約1ミリリットル)に0・054マイクログラムが含まれると説明。検査で陽性反応が出るには最低でも覚醒剤20~30マイクログラムが必要で、検察側が「この量に達するには精液370ミリリットルが必要ということですね」と語りかけると、検査員は「そういうことになります」と返答した。

続きを読む

関連ニュース

ASKA元被告が退院 薬物依存症の更生施設「ダルク」へ

「エンタメ」のランキング