産経ニュース

【ASKA被告判決】「大切なことは何なのか、一から考え直して」裁判官が説諭

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ASKA被告判決】
「大切なことは何なのか、一から考え直して」裁判官が説諭

 覚醒剤と合成麻薬MDMAを使用したなどとして、覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪などに問われた歌手のASKA(アスカ)=本名・宮崎重明=被告(56)に懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した12日の東京地裁での判決公判で、植村幹男裁判官は「使用期間などを考えると薬物への親和性、依存性は顕著で常習性も高度」と判決理由を述べた。

 植村裁判官は「医師による治療を受け続けてきた中での犯行。所持した麻薬の量も相当多量で刑事責任は重い」と指摘。一方で、「薬物依存からの脱却に向けて努力することを誓っており、方策も既に取っている」などと執行猶予の理由を述べた。

 判決に続いて植村裁判官は「あなたには社会のルールや周囲の人たちを顧みることなく、自分本位で傲慢な姿勢が見受けられる。大切なことは何なのか、一から考え直してほしい。それが償いの第一歩になる」と説諭した。

関連ニュース

「エンタメ」のランキング