産経ニュース

【甘口辛口】政治とアイドル “総選挙”の費用対効果はいかに… 国民の心をひきつけているのはどっち?

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【甘口辛口】
政治とアイドル “総選挙”の費用対効果はいかに… 国民の心をひきつけているのはどっち?

 衆院議員を選ぶ「総選挙」にかかる費用は1回で約800億円といわれる。国民1人当たりの負担は約600円。そんな大金をかけて選んだセンセイ方は、サッカーW杯のどさくさに紛れるように今月22日で国会を閉じると、さっさと長い長い夏休みに入ってしまう。費用対効果を考えるといかがなものか、だ。

 同じ総選挙でも大雨の中、味の素スタジアムに全国から約7万人のファンを集め、テレビでも4時間半にわたって生中継された7日のAKB48「選抜総選挙」の経済効果は大したものらしい。投票権が封入されたCDの売り上げを中心に、200億円とも250億円ともいわれている。

 握手会での襲撃事件を受け、金属探知機によるチェックなど会場の警備態勢はかなり厳しかったそうだ。それでもテレビのニュースでは「ぬくもりのある最高のイベント。きたかいがあった」と、秋田からきたという還暦近い男性が話していた。若者だけではない。いまや「AKBを語らずして、日本を語るなかれ」といった感じだ。

「エンタメ」のランキング