産経ニュース

パルスボッツがフィギュアと会話できる台座開発 年内発売目指す

ニュース 経済

記事詳細

更新


パルスボッツがフィギュアと会話できる台座開発 年内発売目指す

パルスボッツが開発した3Dフィギュア会話用台座「スタージュ」。フィギュアの下に置き、呼びかけると返事をしてくれる=14日、東京都港区(松村信仁撮影) パルスボッツが開発した3Dフィギュア会話用台座「スタージュ」。フィギュアの下に置き、呼びかけると返事をしてくれる=14日、東京都港区(松村信仁撮影)

 ソフトウェア開発のパルスボッツ(東京都目黒区)は14日、手持ちの3次元(3D)フィギュア(人形)との会話が楽しめる専用台座を開発したと発表した。例えばフィギュアに「ただいま」と呼びかけると、「おかえり」と返事してくれる。近く量産への準備を始め、年内の発売開始を目指す。

 同社が6月に発売したロボットとの対話ソフトを活用する。台座を注文後、専用のホームページを通じて音声を吹き込むと、音声を台座に取り込んだ状態で出荷してくれる。

 3次元プリンターの普及で自身や家族のフィギュアが作りやすくなった。七五三や入園式、入学式といった子供の成長記録や、生前の姿を再現したフィギュアに声を残すといったいわゆる「終活」用途などが考えられ、写真館や葬儀業者などへの販路開拓を検討する。

 価格は現時点では未定だが数万円の見通し。美馬直輝最高経営責任者(CEO)は、「将来的には人工知能(AI)などとも組み合わせて、もっと複雑な会話もできるようにしたい」と話している。

このニュースの写真

  • パルスボッツがフィギュアと会話できる台座開発 年内発売目指す

「ニュース」のランキング