産経ニュース

「国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ」として、映画「アイ・アム・ロヒンギャ」を本学キャンパスで上映 -【10月8日(月・祝)、10月19日(金)】-

ニュース 経済

記事詳細

更新


「国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ」として、映画「アイ・アム・ロヒンギャ」を本学キャンパスで上映 -【10月8日(月・祝)、10月19日(金)】-

 学校法人創価大学
 「国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ」に参加している創価大学は、第13回国連UNHCR難民映画祭の作品の一つである「アイ・アム・ロヒンギャ」の上映会を行います。本作品は日本初公開となります。国連UNHCR難民映画祭は、映画を通して難民への理解を広げることを目的に、大学をはじめ教育機関とも学校パートナーズとして提携し、啓発活動を展開しています。

 難民問題に対してUNHCRは、SDGsの17の目標のうち「目標2:飢餓をゼロに」「目標3:すべての人に健康と福祉を」「目標4:質の高い教育をみんなに」等と合致する活動を展開しています。映画を通して一人ひとりが難民問題に向き合うことは、SDGsの目標達成に近づくことにもつながると考え、本学で上映会を開催する運びとなりました。

 本上映会は、国連が定める平和運動を推進する本学の学生団体「ASPIRE SOKA」との共催で、本学中央教育棟ディスカバリーホール(1,000名収容)で上映いたします。代表を務める古賀優奈さん(法学部4年)は、「アジアを含む様々な場所で起きているこの問題は、私たちにとって遠い問題ではありません。『難民』という問題に対し、何ができるのか、来場者の皆様に深く考えるきっかけを提供できるよう準備してまいります」と語りました。

 [画像: https://prtimes.jp/i/35673/5/resize/d35673-5-796559-0.jpg ]

 【国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ:創価大学】

 [表: https://prtimes.jp/data/corp/35673/table/5_1.jpg ]

「ニュース」のランキング