産経ニュース

世界初(※1)、新4K8K衛星放送対応『8Kチューナー(※2)』を開発

ニュース 経済

記事詳細

更新


世界初(※1)、新4K8K衛星放送対応『8Kチューナー(※2)』を開発

 シャープ
[画像: https://prtimes.jp/i/12900/236/resize/d12900-236-608634-0.jpg ]

 シャープは、新4K8K衛星放送の受信が可能な『8Kチューナー』を開発し、本年12月1日の放送開始に合わせ発売します。

 本機は、4つのHDMI端子からなる8K映像出力端子を搭載しているので、2017年12月に発売した8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』<LC-70X500(※3)>と接続すれば、フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ約3,300万画素の超高精細映像を楽しめます。また、テレビとの連携操作が可能な「AQUOSファミリンク」機能により、本機に同梱されるテレビ兼用リモコンだけで、『AQUOS 8K』<LC-70X500>と本機の両方を操作することが可能です(※4)。

 当社は今後も、新4K8K衛星放送開始に向け、関連商品の開発に積極的に取り組み、感動的な高画質の映像体験の提供に努めて参ります。

 品名: 8Kチューナー
発売時期: 2018年11月下旬予定
チューナー: BS8K/BS4K/110度CS4K チューナー 2基

 ■ 主な特長
1.新4K8K衛星放送(2018年12月1日開始予定)の受信が可能
2.8K映像出力端子を搭載、『AQUOS 8K』<LC-70X500>と接続すれば、超高精細映像の8K放送を楽しめる
3.同梱するテレビ兼用リモコンだけで、『AQUOS 8K』<LC-70X500>と本機の両方を操作可能

 ※1 2018年9月12日現在。(当社調べ)
※2 新4K8K衛星放送の受信には、右旋・左旋円偏波対応のアンテナ、混合器、分配器、分波器、ブースターなどに交換が必要な場合があります。
※3 新4K8K衛星放送チューナー非内蔵。7,680×4,320画素液晶パネル搭載。
※4 LC-70X500のソフトウェアの更新が必要です。本ソフトウェアは、本機の発売時期に提供予定です。

 ※ ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

 【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180912-a.html

 【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180912-a.pdf

 【画像ダウンロードサービス】
http://www.sharp.co.jp/press/p180912.html

「ニュース」のランキング