産経ニュース

【経済インサイド】「絶好調」化学業界に“黒船”襲来 米シェール革命で日本は一転苦境か

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「絶好調」化学業界に“黒船”襲来 米シェール革命で日本は一転苦境か

ダウ・デュポンが昨年9月に稼働させたエチレン工場=米テキサス州フリーポート ダウ・デュポンが昨年9月に稼働させたエチレン工場=米テキサス州フリーポート

 こうした動きを受けて、米国ではエチレン価格が急落。スポット価格は直近で1トン=300ドル台と、年初からみても約5割下落した。アジア価格が1300ドル程度なのを考えると、いかに安いかが分かる。

 エチレンは気体で、輸送に専用の船舶などが必要なため、すぐに海外へ広がるわけではない。だがエチレンから作る誘導品のポリエチレンはペレットと呼ばれる粒状で、輸送が比較的簡単とされる。現状では今年後半から19年にかけて輸出が本格的に始まり、経済成長の続く中国などへ流れ込むとみられている。

 中国の石化製品の需要は底堅く、供給不足は今後数年は続く見通しだ。しかし景気が減速するなどして吸収しきれなくなれば、同国に供給されていた他のアジアの製品が押し出され、日本国内に流入しかねない。たとえ流入しなくても、アジア価格が急落すれば、日本メーカーは大きな影響を受けることになる。

 日本の石化業界は、過去最長レベルの好況を“満喫”している。石化協によると、国内エチレン生産設備はフル稼働状態が続き、稼働率は15年11月から今年6月まで32カ月連続で実質95%超となった。7月は93%とやや落としたものの、火災事故や不具合などの一時的要因が重なったためで、絶好調に変わりはない。国内外の堅調な需要に加え、人口減による国内市場縮小を見据えて10年以降に設備が3基減らされたことも、需給を引き締めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「絶好調」化学業界に“黒船”襲来 米シェール革命で日本は一転苦境か

「ニュース」のランキング