産経ニュース

スルガ銀会長ら5人引責 偽装横行、統治機能不全 不正融資問題で報告書

ニュース 経済

記事詳細

更新


スルガ銀会長ら5人引責 偽装横行、統治機能不全 不正融資問題で報告書

スルガ銀行の不正融資問題で記者会見する第三者委員会の中村直人委員長=7日午後、静岡県沼津市 スルガ銀行の不正融資問題で記者会見する第三者委員会の中村直人委員長=7日午後、静岡県沼津市

 スルガ銀行は7日、シェアハウス投資を巡る不正融資問題で、外部弁護士で構成する第三者委員会の調査報告書を公表した。融資の審査書類の偽装が横行し、「極端な法令順守意識の欠如が認められた」として、企業統治の機能不全を厳しく指摘した。岡野光喜会長(73)や米山明広社長(52)ら取締役5人が同日付で引責辞任し、米山氏の後任に有国三知男取締役(52)が就任した。

 スルガ銀行は社外監査役を中心とする「取締役等責任調査委員会」を設置すると発表した。辞任した会長らの責任の有無を判断して法的措置を講じるとしている。

 報告書によると、不正融資を主導したのは麻生治雄元専務執行役員。麻生氏は、審査書類の改ざんや二重の売買契約書に基づく融資の稟議を、審査部門をどう喝して押し通し、承認率が99%を超えていた。

 スルガ銀は融資の焦げ付きに備えた貸倒引当金の大幅な積み増しを迫られる可能性が高く、業績の一段の悪化が懸念される。

このニュースの写真

  • スルガ銀会長ら5人引責 偽装横行、統治機能不全 不正融資問題で報告書
  • スルガ銀会長ら5人引責 偽装横行、統治機能不全 不正融資問題で報告書

「ニュース」のランキング