産経ニュース

【北海道震度7地震】コンビニ、停電続くも店頭販売、一部では米飯の供給も

ニュース 経済

記事詳細

更新

【北海道震度7地震】
コンビニ、停電続くも店頭販売、一部では米飯の供給も

 北海道厚真町の避難所で水運びを手伝う男の子=7日午前8時26分  北海道厚真町の避難所で水運びを手伝う男の子=7日午前8時26分

 6日未明に北海道で起きた震度7の地震による影響で、道内のコンビニエンスストアでは7日に入っても停電している店舗が依然多い。

 セブンーイレブン・ジャパンでは、道内約1000店の内、午前7時の段階で700店が停電している。ただ、各店舗のオーナーの判断で、電卓や簡易端末をつかって、日用品などを販売するケースも多いという。ただ、このままで電力供給が再開しなければ、夜間は休業にする方向だ。

 商品供給については、同社がANAホールディングスと結んでいる緊急輸送協定に基づき、6日夜に羽田空港から函館空港に空輸したカップラーメン1200ケース(2万4千個)を各店舗に配送している。今後も関東などからの空輸による商品輸送を検討している。

 また、ローソンでは電力供給が再開した旭川市の工場が稼働しており、おにぎりなどの商品を各店舗へ配送しているという。

このニュースの写真

  • コンビニ、停電続くも店頭販売、一部では米飯の供給も
  • コンビニ、停電続くも店頭販売、一部では米飯の供給も

「ニュース」のランキング