産経ニュース

「EV強国」へ中国、猛ダッシュ 最大市場で戦略練る自動車メーカー

ニュース 経済

記事詳細

更新


「EV強国」へ中国、猛ダッシュ 最大市場で戦略練る自動車メーカー

 自動車産業の変革期を象徴する電気自動車(EV)市場に、中国が猛攻勢をかける。新たな環境規制を来年導入して関連産業を育成し、「自動車強国」の地位獲得を狙う。世界最大の自動車市場となった中国がEV普及にかじを切ったことで、自動車産業の覇権争いにはEV戦略が大きく影響することになる。各国の大手メーカーは対抗策を迫られている。(高橋寛次)

外資呼ぶ国家戦略

 先月27日、中国・広州。日産自動車は現地企業との合弁会社の工場でセダンタイプのEV「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産を始めた。

 記念式典で西川(さいかわ)広人社長は、「EVの普及・拡大で世界をリードする中国市場で大きな役割を担う車だ」と強調した。

 この車がベールを脱いだのは4月の北京モーターショー。その会場では、他の自動車大手もEV戦略を打ち出した。トヨタ自動車はスポーツ用多目的車(SUV)「C-HR」をベースにしたEVなどを2020年に発売する方針を表明した。ホンダは年内に、現地ブランド「理念」のSUVのEVを中国専用車として投入する。

 ドイツのフォルクスワーゲン(VW)も中国でEVを強化する。25年までに年150万台以上のEVを販売する目標を掲げ、EVなどの開発や生産で、中国に100億ユーロ(約1兆2900億円)を投資するという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「EV強国」へ中国、猛ダッシュ 最大市場で戦略練る自動車メーカー

「ニュース」のランキング