産経ニュース

きらぼし銀行 男性行員が6・8億円着服 全役員が報酬の一部返上

ニュース 経済

記事詳細

更新


きらぼし銀行 男性行員が6・8億円着服 全役員が報酬の一部返上

元男性行員の着服事件を受け、記者会見するきらぼし銀の渡辺寿信頭取=31日午後、東京都中央区 元男性行員の着服事件を受け、記者会見するきらぼし銀の渡辺寿信頭取=31日午後、東京都中央区

 東京きらぼしフィナンシャルグループ(FG)傘下のきらぼし銀行は31日、元男性行員(37)が複数の顧客から定期預金作成の名目で集めた現金計約6億7900万円を着服したと発表した。経営責任を明確にするため、グループの社外役員を除く取締役と監査役全16人が月額報酬を3カ月間、5~30%返上する。記者会見したきらぼし銀の渡辺寿信(ひさのぶ)頭取は陳謝し「全役職員の強い決意の下、再発防止に取り組む」と述べた。

 元行員は平成27年8月から30年6月に偽造の証書を交付し、定期預金の契約を装う手口で着服した。被害者は個人顧客計16人、法人2社。被害金額はきらぼし銀が弁済する。

 元行員は7月に懲戒解雇処分となったが、現在も失踪中。きらぼし銀は警察と相談の上、告発か告訴かで対応する準備を進める。

このニュースの写真

  • きらぼし銀行 男性行員が6・8億円着服 全役員が報酬の一部返上

「ニュース」のランキング