産経ニュース

JOLED、車載向け有機ELに参入へ 勝ち残りへ「中型」特化戦略

ニュース 経済

記事詳細

更新


JOLED、車載向け有機ELに参入へ 勝ち残りへ「中型」特化戦略

JOLED製の有機ELモニターを手に、取材に応じる石橋義社長=31日、東京都千代田区(山沢義徳撮影) JOLED製の有機ELモニターを手に、取材に応じる石橋義社長=31日、東京都千代田区(山沢義徳撮影)

 パナソニックとソニーの有機EL事業を統合したJOLED(ジェイオーレッド)の石橋義社長は31日、産経新聞の取材に応じ、車載向けに参入する方針を明らかにした。同社に出資したトヨタ自動車グループの自動車部品大手、デンソーを通じて、トヨタ車向けなどへの納入拡大を目指す。有機EL市場は韓国勢が席巻するが、JOLEDは、空白地帯の車載用やパソコンなどの中型に特化した戦略で勝ち残りにつなげる。

 JOLEDは、平成32年から中型有機ELの量産を始める計画で、7月にはジャパンディスプレイの旧能美工場(石川県能美市)を取得した。量産開始に向け必要となる資金を手当てするため、8月にはデンソーや豊田通商など4社を引受先とする第三者割当増資で約470億円を調達した。

 石橋社長は、デンソーからの出資を受け入れたことで、車載用の開発ノウハウを吸収するとともに、トヨタグループへの納入に向けた足掛かりになると指摘。自動運転や電動化で表示向けの採用拡大が見込まれる中、「車載市場へタイムリーに入りたい」と述べた。

続きを読む

「ニュース」のランキング