産経ニュース

【概算要求】来年度予算、過去最高102兆円台後半 当初予算100兆円超えも

ニュース 経済

記事詳細

更新

【概算要求】
来年度予算、過去最高102兆円台後半 当初予算100兆円超えも

 政府は31日、平成31年度予算の各省庁からの概算要求を締め切った。一般会計の要求総額は102兆円台後半に上り、過去最大だった28年度の102兆4千億円を上回る見通し。医療や年金などの社会保障費の増加に加え、防衛費も過去最大となった。

 財務省は年末にかけた査定で絞り込みたい考えだが、編成過程で来年10月に予定されている消費税増税に伴う景気対策も上乗せされる予定で、当初予算として初めて100兆円を超える可能性も出てきた。

 概算要求の総額が100兆円を超えるのは5年連続。要求総額は30年度当初予算(97兆7128億円)に比べて5兆円前後多く、政策経費も約78兆円と約1兆円増えた。

 社会保障費の拡大が続く厚生労働省は、前年度当初比2・5%増の31兆8956億円。北朝鮮のミサイル対策で新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を導入する防衛省も過去最大の5兆2986億円を要求し、7年連続の要求増となった。

 西日本豪雨などを受け、国土交通省は水害や土砂災害対策費を大幅に増やして総額6兆9070億円を要求。また、各省は重点政策を優遇する「特別枠」を使い、働き方改革などで増額を求めた。

 国の借金返済にあてる国債費は30年度当初予算から5・5%増の24兆5874億円。国の借金が増え続けていることが主な理由で、予算の3割を借金で賄う、異常な状況が続いている。

このニュースの写真

  • 来年度予算、過去最高102兆円台後半 当初予算100兆円超えも

「ニュース」のランキング