産経ニュース

イケアが使い捨てプラ製ストローなど販売中止 都心部への初出店も計画

ニュース 経済

記事詳細

更新


イケアが使い捨てプラ製ストローなど販売中止 都心部への初出店も計画

事業について説明するイケア・ジャパンのヘレン・フォン・ライス社長=29日、東京都港区(柳原一哉撮影) 事業について説明するイケア・ジャパンのヘレン・フォン・ライス社長=29日、東京都港区(柳原一哉撮影)

 スウェーデン家具大手イケアグループの日本法人、イケア・ジャパン(千葉県船橋市)のヘレン・フォン・ライス社長は29日、東京都内のスウェーデン大使館で記者会見し、平成32年までにストローやごみ袋など使い捨てのプラスチック製品の販売をとりやめることを明らかにした。

 欧州のイケア本社の決定を受けた措置で、全世界の店舗で販売を一斉に中止し、環境保護の取り組みを強化する。イケア・ジャパンによると、対象は合計7商品で、使い捨てのプラスチック製ストロー3種類のほかフリーザーバッグ、ごみ袋など。店舗内レストランではすでにストローの使用をとりやめている。

 国内ではファミリーレストラン大手すかいらーくホールディングスが32年までにプラストローを全廃する方針を明らかにしている。

 一方、同社長は東京都の都心部に新たに出店することも表明した。32年までに現在の9店舗から14店舗に増やす出店計画の一つに位置づけ、年内に詳細を公表する。イケアはこれまで郊外に店舗展開しており、都心への出店は初の試み。

「ニュース」のランキング