産経ニュース

【トラノコのかんたんマネー講座】投資を誰に相談するか(2) IFAとは

ニュース 経済

記事詳細

更新

【トラノコのかんたんマネー講座】
投資を誰に相談するか(2) IFAとは

 暮らしとお金の専門家のファイナンシャルプランナー(FP)を前回ご紹介しましたが、投資や運用の相談先として、近年、独立系金融アドバイザー(英語の頭文字から、IFAと呼ばれます)も増えてきました。IFAは、特定の金融機関に属していないため、独立した立場で顧客のニーズや状況に合わせて最適と思われる資産運用を考え、運用アドバイスと売買を仲介する専門家です。一般的には、相談を受ける顧客から手数料を直接受け取るのではなく、業務委託契約を結んでいる証券会社などから、ポートフォリオや売買のプランに応じて顧客が支払った売買手数料の中から一定の割合で手数料報酬を受け取ります。

 IFAを通じた売買の場合は、相談料などがかからない半面、個人自らがネット証券を使って売買する際より高い手数料となりますが、資産運用のプロに任せることができることがメリットです。

 FPやIFAなど専門家と上手に付き合うには、丸々お任せにするのではなく、提案された運用のリスクや手数料水準などを理解すべく、わからないことを聞く意識と学ぶ意識を持ち続けることが大切です。(トラノテック取締役 藤井亮助)

「ニュース」のランキング