産経ニュース

【リーダーの素顔】大阪北部地震、西日本豪雨…「保険の力で顧客を守る使命感を改めて実感」 東京海上日動火災保険の北沢利文社長

ニュース 経済

記事詳細

更新

【リーダーの素顔】
大阪北部地震、西日本豪雨…「保険の力で顧客を守る使命感を改めて実感」 東京海上日動火災保険の北沢利文社長

新たなリスクへの対応も見据える東京海上日動火災保険の北沢利文社長=東京都千代田区(宮川浩和撮影) 新たなリスクへの対応も見据える東京海上日動火災保険の北沢利文社長=東京都千代田区(宮川浩和撮影)

 大阪北部地震、西日本豪雨と大規模災害が相次ぐ中、損害保険各社が迅速な被害調査や保険金支払いなどの被災者支援に奔走している。損保最大手の東京海上日動火災保険もあらゆる日常業務に優先して対応。北沢利文社長(64)は「保険の力で顧客を守る使命感を改めて実感した」と語る。

 --今回の災害に損保トップとしてどう向き合ったか

 「いずれも即座に災害対策本部を設置し、本部長として陣頭指揮を執った。被災地にも入り、現地の社員や全国各地から動員した多くの社員らが損害調査などのために連日走り回るのを激励してきた。彼らは顧客を訪問して喜んでもらうことで、保険がいかに顧客にとって重要かを身に染みて感じたと思う」

 --災害時にこそ、損保会社としての真価が問われる

 「被災者が立ち直るときに保険金は確かな支えになるし、私たちはできる限り早く保険金をお支払いして顧客にもう一度、前に向かって歩いてもらうのが使命だ。あらかじめ決まっている会社の災害時対応だけで判断できないこともあるが、顧客の役に立つという軸を失わなければ、自ら主体的に考え、一番素早い行動ができる。これが今回の社員らの迅速な対応にもつながったと思う」

 --自身も災害に関わる仕事を長く経験してきた

続きを読む

このニュースの写真

  • 大阪北部地震、西日本豪雨…「保険の力で顧客を守る使命感を改めて実感」 東京海上日動火災保険の北沢利文社長

「ニュース」のランキング